topic 1
樹脂について
| topics | topic 1 | topic 2 | topic 3 | topic 4 | topic 5 | topic 6 | topic 7 |


射出成形法とは

射出成形法とは、 @プラスチック原料を加熱し  A可塑化した後金型内に高圧で注入し B金型内で固化した後取り出す加工法です
この成形法は、熱可塑性原料の成形に広く使用され、金型内に注入された原料から迅速に熱を奪って固めるというものです。
最近では熱硬化性樹脂の成形にも利用されるようになりました。
この場合は、金型を加熱し、注入された原料を化学反応で固めて成形します。

今回は熱可塑性樹脂について説明してみたいと思います。


熱硬化性樹脂と
熱可塑性樹脂
プラスチックは、大きくこの2種類に分類することができます。
熱硬化性樹脂は、一度熱によって硬化すると再び加熱しても軟化溶解しないという性質を持ち、
熱可塑性樹脂は、温めると溶融し、冷却すると再び元の固さに戻り、加熱・冷却を繰り返してもその性質が変わらないという性質を持ちます。

ペレット


サンプラスチックでは、熱可塑性樹脂を使用した製品加工を行っています。
左の画像は5種類の加工前の樹脂です。粒状になっています。ペレットと呼びます。
樹脂の特性によって、形状や色、その用途も様々です。単価にも大きな差があります。高価なペレットを床にぶちまけてしまったりなんかすると、ため息が出ます
主な熱可塑性樹脂
樹脂名 略語 特徴 主な用途
塩化ビニール樹脂 PVC 軟質品・耐薬品性・電気絶縁性良好、耐熱性劣る、熱分解で塩化水素ガス発生 軟質-電気被覆、医療機器
硬質-電気器具、管、板
ポリスチレン PS GP-無色透明・電気絶縁性・脆い熱に弱い
HI-有色(ゴム含有)・耐衝撃性向上
日用品、玩具、食卓用品、電気通信部品
AS樹脂 AS 透明・強度大・PSより耐熱性、耐油性、耐薬品性向上 電気器具部品、文具、日用品、自動車関係部品
ABS樹脂 ABS PS,ASより物性バランス良・強靭、光沢性良・耐薬品性、耐油性良 自動車部品、文具、事務用機器、玩具、メッキ素材
アクリル樹脂 PMMA 無色透明、光沢良、対候性・光学的性質・耐薬品性・耐油性・耐ガソリン性良 照明器具、光学用品、自動車部品、装身具、看板
ポリエチレン PE 製造方法で品質異、柔軟、吸水性0、電気絶縁性、耐薬品性、低温化脆化しない 日用雑貨、各種容器、機械部品、コンテナー類
ポリプロピレン PP PEより光沢がよく、耐熱性高い、耐ストレスクラッキング性・耐薬品性良、耐疲労性強 PEとほぼ同じ
弱電機器、自動車部品
フッ素樹脂 - 耐熱性・耐薬品性・耐摩耗性・熱安定性・電気絶縁性良 電気絶縁材料、耐薬品材料、軸受、ガスケット、ビーカー
ポリアミド(ナイロン) PA 強靭、耐油性・耐薬品性・自己潤滑性・耐摩耗性良 機械部品(歯車・軸受など)、建材部品、運動用具
アセタール樹脂 POM PAと似た性質、耐クリープ性、耐疲労性・耐溶剤性良、分解するとホルマリン臭発生 歯車、軸受、自動車部品、事務機部品、電気電子部品
ポリカーボネート PC 強靭(耐衝撃性)、電気的性質、耐熱性・耐候性良、透明 電気部品(スイッチ・ポット・ドライヤー)、雑貨、窓ガラス
ポリフェニレンオキサイド
ポリフェニレンエーテル
PPO
PPE
強靭、耐熱性・耐クリープ性・電気的性質・耐水蒸気性良 電気部品、機械部品、自動車部品
ポリスルホン PSU 琥珀色の透明、強靭、耐クリープ性・耐薬品性・低温特性、自消性(UL94V-0〜2) 電気電子部品(コネクタ・電子レンジ)、時計、複写機
酢酸セルロース CA 無色透明、着色自由、難燃性、電気絶縁性、寸法精度高、強靭 電気器具部品、くし、歯ブラシの柄、眼鏡枠、工具
ポリエテレンテレフタレート PET 耐薬品性・電気絶縁性良 容器、電気電子部品、自動車部品、機械部品
ポリブチレンテレフタレート PBT 耐熱性・耐薬品性・電気特性・寸法安定性良 電気部品、機械部品、時計、カメラ部品、自動車部品
ポリフェニレンサルファイド PPS 耐熱性・耐薬品性・寸法安定性良・機械的強度・難燃性良 機械部品、計測機部品、化学装置部品、電気電子部品
エチレン酢酸ビニール共重合体 EVA 耐候性・柔軟性・ゴム弾性、衛生的 各種容器、ガスケット、発砲製品(靴、タイヤ)


SanplastiC.plc.
〒399-7412 長野県松本市保福寺町81−4 tel : 0263-64-3110 fax : 0263-64-3262 mailto:sanpla-hp@sanplastic.co.jp

copyright (c) 2010 sanplastic.