2005/4/28

●今日で仕事は一旦終わり、GWに入ります。長い連休です。でも自動機を動かすので会社には来なきゃいけません。はあ。

2005/4/25

●日曜日に蕨を採りに行きました。初めてなのでどこに生えているのかトンとわからずあちこち移動し、見知らぬシダ類を手に取り、これって蕨だっけ?といった有様で。日が暮れかかった頃に何かを採っている人を発見。そこにあるのか?と見に行くと、ありました。これぞ!という立派な蕨が。人が採った後で量はもうなかったけど、満足。

2005/4/15

●そろそろ蕨が出てるころだと思うのですが。社長いわく、会社の裏の山はすでに採った後があり、残っていないと。元四賀村にはしののめ市場(だったかな?)という地元の人で作っている市場があるのですが、(R143松本方面よりトンネル出口すぐ左)そこに山菜大量入荷という看板が!先を越されたか?去年会社の駐車場の松の木を伐採したのですが、木があった頃はそこに蕨が出ていたそうです。今年は切ってしまったせいかでなくなってしまいました。それにしてもうちの会社はふきのとうに蕨にキノコに、なんでも採れますな。すごいです。

2005/4/11

●忙しいとは言いながらも仕事は確実に減っています。仕事をください…(できれば自動機のものを)。

2005/4/4

●松本市になりました。商工会で大抽選会という企画を!サンプラにも何枚か応募券が。あたるといいなあ…でも何があたるんだろう?

2005/3/31

●暗い話です。製品の海外移管の話が。そんなに海外へ持っていってどうするんでしょうか?海外で生産して、逆輸入して、国内で消費して…?コストダウンもそうですけど、日本の大半は中小企業者で、大企業者はわずかですよね。そりゃあコストダウンや海外移管で大企業は儲かる。でも、中小企業者はその分仕事が減り、あるいは無くなり、イコール収入が減る。でも、その製品を消費してる大半はその中小企業者であり。なんだかとても矛盾してますよね。そうやって技術も輸出しちゃって。弱者は弱者であれということなんでしょうか。新しい仕事があって、国内ではやりきれなくてということであれば話は別なんですけどね…。

2005/3/29

●もう梅も咲いているというのに雪が降ったり。早く春になってほしいです。四賀村も残すところ2日。でも、そんなに歴史は長くないそうです。もともと錦部・五常・会田・中川の4つの村が合併して出来たそうで、だから「四賀」というんだとか。

2005/3/25

●村役場は合併後図書館になればいいなあ。あれだけ大きければかなりの蔵書が期待できる⇒近隣から人が来る⇒活性化につながる!ビデオやDVDPCもいっぱい設置して…と夢が膨らむこのごろです。

2005/3/18

●先日ふきのとうが生えているのを見て食べたくなり採りに行きました。たくさん採れたので社長におすそ分けして残りはふき味噌にしました。初めて作ったので、ネットで調べてレシピ通りに作ったのですが、なんとなくふきのとうの香りが少なく感じて、社長の奥さんに聞いてみると、アク抜きをしたのが原因だと判明。なんと、長野県のふきのとうはアクが少ないためそのまま調理できるとのこと!なるほど。地元には地元でしかわからないことがあるんですね。

2005/3/15

●会社のクーリングタワーの下にふきのとうが群生していました。こんな日のあたらない所に生えなくても…と思ったりもしたけど、反面、こんな日のあたらない所に生えてくるのもすごいなと。それもうじゃうじゃ。野に生えるものは強いですね。

2005/3/11

●合併話です。合併後は松本市になるわけですが、ここを「市」と呼ぶには、なんとなく詐欺な気がします…。こう、「市」っていうと大きなビルがあり、駅があり、車がわしゃわしゃ走る4車線以上の道があり、というイメージで、大きな建物といえば何故か合併決定後に建った真新しい立派な村役場しかなく(この先何に使うんだろう?)、駅も無く、信号も両手で数えるほど(だから車はびゅんびゅん走る)の四賀村には、かなりかなり、かけ離れているわけです。…合併後、そうなるのを期待するのみです。

2005/3/5

●年度末に入り、決算セールの文字が目立つようになりました。四賀村が四賀村であるのは残すところ1ヶ月弱。合併後は、住所から四賀の文字が消えるそうです。なんとも無常を感じます。